FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K点越えを記録!

2014.02.15 15:00|日記
世間はオリンピックに湧いてますね~!
そんななか、こっそりわたしもK点越えを記録いたしましたよ。
久々に、40度出しましたー!!

まじでしんどかったです……。
最高記録は40.2度でした。
もうオリンピックやバレンタインどころではありませんよ。。。
ちなみにインフルエンザではなく、扁桃炎でしたー。
子供の体調不良が続いたせいで、わたし自身もお疲れだったっぽいです

ですがおかげさまでもうすっかり元気です!
抗生剤がばっちり効きましたー。
1回飲めば1週間効くというドライシロップの抗生剤がありまして、どんなもんか気になってはいたんですけど、なかなか抗生剤必要な状態にならなくてですね。
でも今回ばかりは、「いつ飲むの?今でしょ!」ばりに一気飲みしてやりました。
飲むまでは、ねえコレほんとに一週間効くの?ほんとに血中濃度がすぐに立ち上がるの?と半信半疑でいたんですが……ほんとにすぐ効きました。
日々科学は進歩しているんだなー。と今更ながらに実感。
でもすっっごいマズかったです(><)あれ、なんとかならんのかな。。。

と、ここで抗生剤の話題になったので、抗生剤の適正使用についてちょっと語ってもいいですかー!
あんまり楽しくない話題でほんと申しわけないんですが……。
興味のない方は飛ばしてやってくださいね☆

実はわたし医療従事者なんですが(まあFF4パラレルをご覧になってくださった方はお分かりだと思うんですが)、この時期風邪で病院にかかる方は、抗生剤の処方を希望されることがほんとに多いです。
抗生剤を飲んでおけば何か安心!っていう気持ち、分からなくもないんですが。
でも咽頭炎や上気道炎などのいわゆる「風邪」ってウイルス感染なので、はっきり言って気合で治すしかないもので。
細菌にしか効かない抗生剤なんて飲んでも変わんないんですよね。
それどころか風邪のたびに抗生剤を乱用していたら、耐性菌が生まれて、本当に抗生剤を使わなきゃいけないときに効かなくなってしまう事態になりかねません。いやほんと、大袈裟ではなく。
こういうことは、小児科領域ではわりと啓蒙されてきていると思うんですが、やっぱり内科はまだまだだなあと日々の仕事を通じて痛感します。
もちろん、今まで何でもかんでも抗生剤を出してきた医療従事者側が悪いんですけどね。
でもやっぱり、扁桃炎や中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎、肺炎、膀胱炎に腎盂腎炎…… そのへんの疾患の治療に抗生剤は欠かせないものですが、風邪に抗生剤は不必要です。
この事実がもう少し世間に広まってほしいなあと、よく思います。
なので、この記事を読んでくださった方々がもし風邪をひいてしまって病院にかかられることがあったのなら、「あーそういえばみずたまが生意気にもこんなこと言ってたなー」なんて思い出していただけたら嬉しいです。

今回は特につまんない記事になってしまって申し訳ありません(><)
上記の事、「お前なんかに言われなくたって、もう知ってるよ!うるさいな!」と気分を害された方がいらっしゃいましたら、ごめんなさい。
まあ何にせよ、体調を崩さず健康に気を付けて過ごすことが一番大切ですね☆
まだまだ寒い日が続きますので、皆様どうぞご自愛くださいませ

Comment

非公開コメント

| 2019.04 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

みずたま

Author:みずたま
1980年代生まれ。
aiko、spitz、ケーキ、お買いもの、野球(中日!!)、そしてFF4のエッジとリディアをこよなく愛しています☆
7歳と4歳の娘に振り回される日々を過ごしていますー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。